前へ
次へ

冬の期間の肩こりの起因

寒さを増して、寒気がハードになってくると、肩こりをひどくするファクターがたくさん発生することになります。まず第一にオーソドックスなものとして言われているのが、寒さに起因する筋肉の硬化があります。気温が下がると血管そのものが収縮して血行障害となって、結果として筋肉も収縮し痛みが見られます。それと併せて防寒向け衣服の重さも肩に向けてのとても大きな重荷であり、ひどくさせる原因の1つとなります。 それに加えて、顔や首が冷え込むことを通じていつの間にか肩に力が入り、良くない姿勢を継続してしまうのも肩こりの引き金となっています。以上のように冬の期間の肩こりは、たくさんの引き金からもたらされているのです。まず第一に肩こりで苦しんでいる人にとって、重要といえますのが常々の入浴です。きちんとお風呂に入ることで、血の流れがスムーズになり筋肉のコリをほぐせます。場合によってはシャワーだけという人もいる可能性もありますが、シャワーのみでは体が温まらず、血の巡りが円滑になりません。

Page Top