前へ
次へ

イヤリングによって肩こりが発生する

耳に着けるアクセサリーとしてイヤリングがあります。耳は髪の毛などで隠れることもあるので、他のアクセサ

more

肩こり用枕タイプのマッサージ機器

肩の筋肉の緊張や肩甲骨が固まる事で、肩こりの症状は表れます。凝ったように固くなったり痛みを感じる事も

more

急増している若者の肩こりについて

肩こりイコール中高年の症状は、大きな誤解と言われています。近年、若者の悩みとして定着していますが、原

more

肩こりとストレスと筋肉の動き

人間の筋肉は、動かせば動かその発達してきますが、大人になり動かす機会が減では減るほど退化していくものです。多くの大人は、中学生や高校生の時に比べると筋肉が減っているかあるいは筋肉は怠けた状態になっています。それを痛感するのが、肩こりといえるでしょう。もちろん肩こりといっても原因は一つだけではありませんので、必ずしも運動不足が原因になっているとは限りません。ですが、筋力トレーニングをした結果肩の凝りがうそのようになくなってしまった例も少なくないわけです。そうだとすれば、もし肩の凝りで悩んでいるとすれば、可能な限り運動をすることで解決することにつながるでしょう。そもそもなぜ運動不足になり筋肉が弱まると肩凝りが発生するかといえば、肩の筋肉が弱まっているときでも頭や肩を支えるのは肩の筋肉だからです。そうすると筋肉に負担がかかり過ぎ血行が悪くなってしまう可能性があるわけです。血行が悪くなるとそれが痛みやコリにつながるようになりそれが慢性化する流れです。そうだとすれば、肩の筋肉を使う運動を1日1回か2日に1回ぐらいしてみましょう。例えば腕立て伏せをするのも肩の筋肉を強化するために良いでしょう。とはいえいきなり運動していない人が腕立て伏せをしても筋肉痛になるだけです。余計につらい思いをする可能性も高いです。これを避けるためには、まずは少しだけ負荷をかけて腕立て伏せをしてあまり無理をしないことです。いくら筋力トレーニングをするといっても、ボディービルダーのように筋肉を増やすことが目的ではなく、完全に両腕と首から上を支える筋肉を強化するのが目的になります。そうすると、あまり負荷をかけ過ぎても意味がないことが理解できるでしょう。つまり、最初1日腕立て伏せを10回行い、それができたら1週間後ぐらいには15回といった形て数を増やしていきます。1日50回ぐらいあれば、たいていだれでも肩の筋肉が学生のころのように戻る可能性が高いです。

妊活のための東京のカウンセリングルーム
こまえクリニックは、お子様のお悩みに親身になって向き合います

まずは体質改善から始めていきましょう
実は遠回りなことが、近道になることもあります。
頭痛や生理痛などで悩んでいるならそこから改善し、妊娠へとアプローチさせていきます。

Page Top